好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

ホームべーカリーで簡単にあんまんと圧力鍋でつぶあんの作り方

      2016/11/30

5コ入の中華まんを購入すると、あんまんからなくなる我が家。

そして、つぶあんのあんまんって見かけないと思いませんか?

つぶあんのあんまんを食べたくて、生地作りはホームベーカリーにこねから1次発酵までお任せのあんまんを作ってみました。
ホームベーカリーであんまん

肉まんの生地にも使えます。

粒あんは圧力鍋を使うと小豆を煮る時間の短縮になります。
市販のあんを使ってもOKです。

また、あんこを包んでから冷蔵保存もできます。

成形後、そのまま蒸すこともできますが、蒸す前に2次発酵をさせたほうがふわふわの皮に仕上がりますよ。

スポンサードリンク

あんまんの作り方

材料(6コ分)

【生地】

・強力粉 75g
・薄力粉 75g
・スキムミルク 小さじ2
・砂糖 小さじ2
・水 80㏄
・サラダ油 大さじ1/2
・ドライイースト 小さじ1/2
・ベーキングパウダー(アルミニウムフリー)小さじ1/2
・塩 小さじ1/5

・あんこ 150g位(お好みの種類の餡で)

作り方

1・生地の材料をHBに入れて、生地作りコースでスタート。
あんまんの下に引くクッキングペーパーを切っておきます。

2・生地が仕上がったら6コに切り分けます。

今回は生地の重さが260gでしたので、1コあたり43~45g

3・丸めてから作業台に平らにして、麺棒で直径10cmくらいにのばします。

4・生地の真ん中にあんを入れて包みます。

粒あんのあんまん成形

粒あんのあんまん成形

真ん中で綴じます。
綴じ目に具が付くと綴じなくなるのでご注意を。

包み口を下にして、クッキングペーパーに載せ、オーブンレンジの発酵コースで30分位2次発酵させます。

5・蒸し器に湯を沸かし、あんまんを入れて、中火で15分位蒸したら出来上がり。

粒あんのあんまん

ちなみにせいろは、直径18cm(内径16cm)のを2段重ね。1段あたり、この大きさのあんまんが2コ並びます。

かっぱ橋の飯田屋で3年位前に購入しました。
かっぱ橋道具まつりのレポの中で、お店の様子を取り上げております。

かっぱ橋道具街浅草駅からのアクセスと戦利品やおすすめやお安いのは?9店舗レポ


スポンサードリンク

圧力鍋でつぶあんの作り方

材料

・小豆 200g
・水 3カップ(600ml)

〈みつ>
・砂糖150g
・水 50ml

・塩 ひとつまみ

作り方

1・小豆を洗い、600mlの水を加え、活力鍋(圧力鍋)のふたを閉めます。

2・高圧にして、おもりが廻りだしたら弱火にして20分加圧後、火を止めて自然冷却します。

  大体8~10分位でピンが降りて蓋を開けられるようになります。

3・別の鍋で砂糖と水を若干とろみが付くくらいまで煮溶かし、茹であがった小豆に加えます。
  塩を加えて弱火で7~8分位、ツヤがでる位に煮詰めて出来上がり。

圧力鍋で粒あん

砂糖150gも(汗)?
と思いますが、めちゃくちゃ甘くはないですよ。

冷蔵保存後、2次発酵なしで蒸してみたら…

夫のリクエストが急にあったので、3時間位冷蔵保存した後に、2次発酵無しで20分蒸してみました。

1次発酵までのあんまん

形的にはふくらんだけど、取り出したら真ん中が凹んでしまって。

1次発酵のみのあんまん
2次発酵したものの方が皮はふわふわ。

とはいえ、夫曰く

「玄米パンと言って出せば懐かしの味で美味しい」

なるほど。急遽食べたい場合は

「玄米パン」

と言って出そう(爆)

冷蔵で生地が冷えてたのもあったと思いますので、時間はかかりますが2次発酵はさせたほうがいいですね。

スポンサードリンク

さいごに

ホームベーカリー、我が家のは最新のきめ細かい設定のできる機種ではありませんが、食パンを焼くばかりでなく、様々なお料理の手助けになっています。

材料も、食材の選び方によっては節約からグレードを上げたものと、自分好みに作れますので、我が家では炊飯器と同じくらい活用しています。

圧力鍋は若干得手不得手はありますが、時間短縮にはもってこいです。

今後もホームベーカリー(HB)や圧力鍋をを使った簡単レシピ載せていきますね。

素敵な1日を♪
最後まで読んでいただいてありがとうございます^^

関連記事

 - 簡単レシピ ,