好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

年賀状2016年宛名印刷 丸投げ料金や早割や締切やスマホは?50枚で比較

      2016/10/14

日本郵便マツコ・デラックスの年賀状印刷CMの中で

「宛名も丸投げ」

って画期的?と思った方もいらっしゃったと思います。

年賀状の裏面だけでなく、表面(宛名書き)もネットで注文して、業者さんによっては投函代行もしてくれる。というもの。

裏面をお願いするのは従来からあったけど、別途料金はどの位?など疑問もありませんか?

料金や、早割について、締切などを比較表にして、さらにスマホアプリの事をまとめてみました。

スポンサーリンク

年賀状2016 宛名印刷まで丸投げすると料金は?早割は?

2_sarudoshi
日本郵便の場合、宛名印刷の基本料金は1,080円。
宛名書きの印刷代は1枚30円×50枚で1,500円。合計2,580円です。

やはりそれなりに手間がかかる分、料金も掛かるのね…

と思ったら、宛名印刷が無料のネットプリント会社もあります!

印刷形態や枚数によって料金は変動しますが、パソコンから注文する場合の
銀塩写真年賀状タイプ50枚、通常価格との比較表にしてみました。

 日本郵便しまうまプリントネットプリントジャパン
基本料金無料1,944円
@1800円×1.08
1,620円
@1500円×1.08
印刷料金5,400円 写真で贈る年賀状(ポストカード)1,620円
@30円×50×1.08
1,620円
@30円×50×1.08
宛名印刷基本料金
1,080円無料無料
印刷代
1,500円
@30円×50枚
無料無料
ハガキ代
2,600円
@52円×50枚
2,600円
@52円×50枚
2,600円
@52円×50枚
丸投げ
合計料金


10,220円6,164円5,840円 
早割料金 年賀状プリント料金10%OFF
web割引さらに5%OFF
早割 年賀状プリント料金15%OFF

年賀状プリント料金30円→25,5円
(15%OFF・税抜)
早割期間11月3日0:00から12月10日(木)受付分11月17日0:00から11月30日(月)23:59まで11月24日から12月1日(火)24時まで
印刷申込締切2015年12月21日(月)まで(窓口)
インターネット
年内お届け:2015年12月27日(日)受付分まで 
最終:2016年1月11日(月・祝)まで
2016年1月15日(金)
9時59分まで
11月24日現在早割締切のみの案内
枚数単位10枚以上から10枚単位4枚以上から1枚単位10枚以上から1枚単位
決済方法・クレジットカード
・Pay-easy
・代金引換ゆうパック
324円
・クレジットカード
・代引324円
・クレジットカード
・コンビニ決済 210円
・代引324円
送料カード 無料
代引 324円
宅配便送料 540円
投函代行にすると、
送料無料
宅配便送料 540円
投函代行にすると、
送料無料

よりリーズナブルに写真データを印刷するタイプとしては
はがきに直接印刷するタイプもあります。

スポンサーリンク

年賀状2016宛名印刷の丸投げ 締め切りはいつまで?

宛名印刷の丸投げの締切は、郵便局の窓口受付が11月6日までで、丸投げの締切としては特別に設けられておらず、年賀状印刷の締切に準じられております。

ただ、年末になるに従って混み合ってくるのが予想されますので、できるだけ早い準備のほうが早割も効くので良いと思います。

ちなみに、宛名書きのみの受付は、まとめた範囲ではありませんでした。
裏面印刷のオプションという感じですね。

スマホアプリなら、年賀状印刷がよりお安くなる場合も

ネットプリントジャパンのスマホアプリには「50円年賀状」というものがあります。

「50円」は年賀はがきに直接印刷タイプで、比較表に使った写真印画紙タイプは75円になります。
ネットプリントジャパンスマホ注文
これまでの便利な機能はそのままに、より使いやすくなって新登場とのこと。

PCと同様、宛名印刷も無料でご利用いただけます。
もちろんダウンロード無料!

また、アプリからのご注文は基本料金1,620円が無料。
少数ご注文の方にオススメです。

…少数って何枚までがスマホのほうがお安くなるんだろう?
と計算してみました。

印刷基本料金が1500円×1.08=1620円
写真印画紙タイプの印刷代金が1枚30円×1.08=32.4円

75円-32円=43円
1620円÷43円=37.6枚

38枚以上ならパソコンのほうがお安くなる計算です。
ただ、アプリをインストールしてちょっと疑問に思ったのが、

「宛名入力は1件1件?住所録は使えないの?」

右上をクリックすると出てくるヘルプにはこのことには触れられておらずで、この疑問が解ければ納得いくんだけど…な部分が。

とはいえ、写真のセットも直感的に出来て、挨拶文も定型文がかなりあり、オリジナル文も入力できるので、裏面だけなら、スマホで手軽にできるのは大きいな。と感じました。

宛名印刷無料のしまうまプリントとネットプリントジャパンは下のリンクからどうぞ。




【しまうまプリント】インターネットで年賀状プリント

ネットプリントジャパン

スポンサーリンク

さいごに&年賀状と寒中見舞い関連記事リンク集

それにしても、宛名丸投げサービスが無料のところがあるのは新しい発見でした。

自宅で宛名の印刷するにしても、プリンターのインクもかなり減りが早いし、時間もそれなりにかかります。
また、プリンターがない方や、手書きする手間を考えると、同じ値段で宛名書きまでしてもらえるのなら、これは頼むしかない!位のサービスなのでは?

年賀状につきましては、宛名、差出人の書き方、文例、休日に年賀はがきを購入できる場所。
寒中見舞いにつきましては、文例などの記事を書いております。
下のリンクからどうぞ。

年賀状と寒中見舞い関連記事はこちらをクリック

素敵な1日を。
最後まで読んでいただいてありがとうございます^^

こちらの記事もあわせて読みたい

 - , 季節のこと