好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

寒中見舞いの文例自分が喪中と故人に年賀状と相手が喪中の場合

      2016/12/27

寒中見舞いは寒さが厳しい季節に相手の事を気遣う季節のご挨拶になりますが、喪中で年賀状を出せない、もしくは相手が喪中で年賀状を出すのが失礼と感じた時などに年賀状の代わりとして利用されることも多いようです。

その内容は自分が喪中なのか?相手が喪中なのか?によっても変わってきます。
想定されるケース毎の文例を用意してみました。

スポンサーリンク

寒中見舞いの文例 喪中の場合

2_kanchumimai2

想定されるのは

1・自分が喪中で年賀状を出せなかった
2・相手に喪中を知らせなかったために年賀状が届いた
3・故人に年賀状が届いた

4・相手が喪中のため出さなかった
5・相手の喪中を知らずに出した

と思われます。
友人や同僚や親戚や目上の人などに、状況に応じて適宜活用していただければ幸いです。

自分が喪中で年賀状を出せなかった

文例1

寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧なお年始状をいただきまして、ありがとうございました
皆様にはお健やかに新年をお迎えになられたとのご様子、何よりと存じます

服喪中に付き年頭のご挨拶を差し控えましたが
本年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします

文例2
寒中お見舞い申し上げます

毎日寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか
新年早々お年始状を頂きありがとうございました
当方からご挨拶申し上げる所喪中につき新年のご挨拶を遠慮させて頂きました
本年もよろしくお願いいたします

相手に喪中を知らせなかったために年賀状が届いた

どうしても連絡が行き届かないことはあると思います。
お相手に、年賀状を出して申し訳ないと思わせないようにするのが良いと思います。

文例1

寒中お見舞い申し上げます

寒さ厳しき折皆様にはお変りございませんか
喪中のため年始のご挨拶を差し控え失礼いたしました
今年もよろしくご交誼のほどお願い申し上げます

文例2
寒中お見舞い申し上げます

このたびは年始状を頂きましてありがとうございました
実は昨年○○月に【故人名前】が他界いたしまして
私共服喪中でございますために年賀のご挨拶を失礼いたしました
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

故人に年賀状が届いた

戸惑うことも多々あると思いますが、先方にもご事情があってのことでしょう。

私も経験がありますが、亡くなったのはずっと前だったということを知った時のショックは大変大きなものになってしまいます。

できるだけ早く教えてあげましょう。

文例1

寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧なお年始状をいただきまして、ありがとうございました
皆様にはお健やかに新年をお迎えになられたとのご様子、何よりと存じます
昨年○○月に、【故人】は急逝いたしました
ご通知が遅れましたことを深くお詫び申し上げます
【故人】が生前に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに
皆様の一層のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

文例2
寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧なお年始状をいただき、ありがたく存じます。
【故人は】(長らく病床におりましたが)昨年○月に他界いたしました
ご通知が遅れましたことを深くお詫び申し上げます
故人になり代わり、生前に賜りましたご厚誼に対しまして心より御礼申し上げます

スポンサーリンク

相手が喪中のため出さなかった

通常の寒中見舞いの文面に、年賀状を遠慮したという文面を入れるとよいでしょう。
亡くなられた方を知る間柄であれば、故人を偲ぶ一文を入れると、相手にも伝わりやすいです。

文例1

寒中お見舞い申し上げます

ご服喪中のことと存じ、年始のご挨拶をご遠慮させて頂きましたが
皆様いかがお過ごしでしょうか
【故人】様がご逝去なさって○ヶ月、ご家族の皆様にはさぞや力落としのことでしょう
心からお悔やみ申し上げます

寒さ厳しい折から、くれぐれもご自愛くださいますよう
お祈り申し上げます

文例2
寒中お見舞い申し上げます

ご服喪中のことと存じ、年賀のご挨拶をご遠慮させていただきましたが
○○様の悲しみはいかばかりかとお察しします
少しでもお元気を取り戻してくださるよう願っております。

心からお悔み申し上げるとともに亡き【故人】様のご冥福をお祈り申し上げます

時節柄、一層のご自愛のほど、お祈り申し上げます。

相手の喪中を知らずに出した

先方は自分が年賀状を出せないことを連絡してきたのであり、むしろ自分が喪中の連絡をしなかったことに関し申し訳ないと思われているかもしれません。

文例1

寒中お見舞い申し上げます

○○様ご逝去のこと、存じ上げなかったとはいえ、新年のご挨拶を申し上げ失礼いたしました
ご家族の皆様におかれましてはお気を落としての越年だったこととお察しいたします。
遅ればせながら、謹んで哀悼の意を表します。
寒い日が続きますが、皆様お身体を大切にお過ごしください。

具体的にどなたが亡くなったがわからない場合は「故人の方」としてお悔やみの言葉を述べます。

文例2

寒中お見舞い申し上げます

ご服喪の中とは存じ上げず先日は新年のご挨拶を申し上げてしまい失礼をいたしました
故人の方のご冥福を心よりお祈り申し上げます
寒い日が続きますが風邪など召されませんようご自愛ください

喪中という事で文面が固くなってしまいましたが、お相手との関係によっては、素直に気持ちを伝えるものでもいいかもしれません。

スポンサーリンク

さいごに&関連記事リンク集

喪中の場合、あらかじめ喪中はがきを出して年賀状のやり取りを控えますが、急逝されたり、連絡が行き違ったりしてこのようなケースも想定されます。

家族を亡くした年のお正月は寂しいもの。
亡くした側にとっては辛いものとお察ししますし、亡くされた側の方にとっては、気遣ってくれる便りが届いたら、きっと気持ちがなぐさめられると思います。
その際には、寒中見舞いを上手に利用するとよいでしょう。

また、最近では喪中はがきを戴いて早い時期に「喪中見舞い」として書かれる方も増えてきました。
喪中はがきの返事や喪中見舞いにつきましては下記の記事でご紹介しております。

1・喪中はがきの返事は必要?書き方や文例や香典やお供えを贈るのは?

2・喪中見舞いの時期はいつまで?寒中見舞いとの違いやはがき切手の種類文例は?

一般的な寒中見舞いの書き方は下記の記事でご紹介しております。

寒中見舞いの書き方と文例年賀状の代わりの場合写真付結婚出産近況報告はマナー違反?

宛名や差出人の書き方に関しての記事を書いております。
下のリンクからどうぞ。
宛名や差出人の書き方についてはこちらをクリック

素敵な一日を(^^)
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

関連記事

 - , 季節のこと , , ,