日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

レジャー

富士急ハイランドへ電車とフリーパスセットで新宿からの感想と帰りの時間は?

投稿日:2017年8月9日 更新日:


富士急ハイランドへ電車で行く場合、電車とフリーパスのセットを使うとかなりおトクになる上に、出発前にきっぷが用意されているので、当日購入の手間が省けます。

また、JR区間は、普通・快速列車と、特急指定席のコースから選べます。

電車とフリーパスセットが届いた時の様子と、新宿から特急指定席で行ってきた感想をまとめてみました。

富士急ハイランド日帰り びゅう

富士急ハイランドへの電車とフリーパスのセットが届きました

午後に申し込んで翌々日の午前中にヤマト運輸のセキュリティパッケージで到着しました。

宅配の他の受取方法は、

  • インターネット申込みの場合、JR東日本の駅の券売機。
  • 電話申込みの場合、JR東日本のびゅうプラザ。

がありましたが、宅配送料無料でしたので、その方が手間がかからず助かったので(笑)

行程ご案内の封筒はA4を半分に折った位の大きさで、ご旅行中はこのまま持参してください。

と書かれてましたが、かなり大きく感じました。

そうそうない事とは思いますが、最終行程表(購入明細書)の一番後ろに減員証明書がありましたので、不測の事態があった時のために、これだけは持っていった方がいいかもしれません。

中には最終行程表、ご案内、ご旅行条件書、今回の富士急ハイランドへの旅のパンフレットとともに、別の封筒にきっぷが入っていました。

二人分でしたので、

  • 新宿から大月までの指定席券が1枚になっているきっぷ往復2枚×2人分
  • 大月から富士急ハイランドの往復券2枚×2人分
  • 富士急ハイランドフリーパスのバウチャー券 1枚

その他にクレジットカード利用票が入っていました。

なお、新宿の他にも出発地があります。
詳細は、下のバナーをクリックすると見ることが出来ます。

富士急ハイランド日帰り びゅう

富士急ハイランドへ電車で新宿から特急指定席で行った感想

私たちは、フジサン特急とも連絡の良い、新宿7時発のスーパーあずさ1号で行きました。

ちなみに、この場合の富士急ハイランドまでのルートは、

新宿7:00発→JR特急スーパーあずさ1号・松本行→大月7:55着/8:13発→富士急行フジサン特急1号・河口湖行→富士急ハイランド8:56着

所要時間1時間56分 乗車時間1時間38分

になります。

ホームは10番線。

きっぷは予め届いていたので、駅での購入の手間がなかったのはありがたかったです。

6時半から、新宿駅構内のコンビニも開き始め、10・11番ホームにあるお弁当屋さんも開店していました。

特急列車型で助かるのは、飲食してもあまり恥ずかしくないこと。
JR新宿の西口改札を出た所のOdakyuAZURで、ベーグルを購入。

ちなみにこの日は日曜日。
新宿駅からスーパーあずさ1号に乗車した際には、指定席が満席で、自由席の車両に立っていた方も見受けられました。

大月駅で下車して、少し時間があるかも?
と撮影をしていたら…

スーパーあずさは、私達が乗車した1号車が進行方向とは逆ゆえに、富士急行のホームまでそこそこ距離がありました。

そして、艦これのイベントもあるからか?
富士急行の改札付近は大混雑。

特急の自由席に乗るだけでしたら、そのまま改札へ行けるのも、このセット券のメリットなのですが、
フジサン特急の指定席を電話で予約していたので、この看板を見る限り、窓口に並ばないと?

最悪、この行列の長さに、フジサン特急指定席では乗れないのか?
と焦りが出てきていた所、駅員さんの

「指定券の予約をされている方は車内で精算します」

のアナウンスが。

電車とフリーパスのセット券は富士急行の特急自由席は無料で、指定席も差額の200円を払うことで乗ることができます。

別途支払うと思うと400円ですのでちょっと微妙感も…

ですが、セットに含まれているので心置きなく使わせていただきます。

富士急ハイランド駅って、富士急ハイランドに直結なのですね。
こちらは第2入園口側になります。

駅員さんに切符を渡して、フリーパスのバウチャー券は富士急ハイランドの窓口に並んで交換しました。

 

富士急ハイランドから電車の帰りの時間は?

帰りも、指定席故に確実に座れて、リクライニングできるE257系のかいじで帰ってこれたので、大分体が楽でした。

フリーパスセットで差額が掛からないかいじは、16時台に2本ありますが、他の時間は1時間に1本になります。

ちなみに、最終は

富士急ハイランド19:16発→富士急行・大月行→大月20:10着/20:38発→JR特急かいじ124号・新宿行→新宿21:40着
所要時間2時間24分 乗車時間1時間56分

となります。

この電車で帰ってきましたが、指定席の混雑は座席が半分程空いていました。

電車とフリーパスのセット券は、乗り遅れた場合は、その後の特急自由席に乗ることが出来ますが、かいじに乗り遅れたから、その後のあずさに乗る。
という事はできないのでご注意ください。

※その際は駅で相談してください。
とコールセンターで伺いましたので、普通列車に乗れるかを含めて、万が一の時は、聞いてみるだけ聞いてみても良いかもしれません。

ちなみに、その後の大月駅発着の特急は、差額が400円かかりますが、あずさが2本あります。
富士急ハイランドから新宿駅までは、

富士急ハイランド19:51発→富士急行・大月行→大月20:43着/21:04発→JR特急あずさ34号・新宿行→新宿22:07分
所要時間2時間16分 乗車時間1時間55分

富士急ハイランド20:12発→富士急行・大月行→大月21:05着/21:40発→JR特急スーパーあずさ36号・新宿行→新宿22:37分
所要時間2時間25分 乗車時間1時間50分

遅い時間まで開園している時期で、かつゆっくり遊びたい方はこちらも検討されると良いと思います。
※平日・土休日とも。

富士急ハイランドで夕食を食べる時間がない場合どこで食べる?

夕食を富士急ハイランドで食べる時間の余裕はあるか?

と最初こそは思いましたが、実際遊んでいると、そこまでの時間の余裕はなかったです。

かといって、乗換駅の大月駅近辺で食べる所といえば、富士急行の改札の手前にホットスナックの自動販売機があったものの、一つ一つ温めるので時間が掛ると駅員さんに伺いました。
そして、日曜日の夜の8時過ぎになると、駅にある蕎麦屋さんやKIOSKも閉まっておりました。

幸い、駅から2~3分位の所にコンビニのヤマザキデイリーストアがありましたが、

他にはお店は?状態でしたので、特急にしておいてよかった。

という所でした。

ちなみに、行きの時は、大月駅までは混雑もあってか?私達の車両まで車内販売が回ってきませんでしたが、帰りは車内販売がありました。

また、プラス700円で、グリーン車利用もOKとのことです。

なお、出発は新宿でしたが、他にも出発地があったり、あずさやグリーン車を選んだ時によって、料金が若干変わってきます。
価格や詳細につきましては、下のバナーをクリックすると見ることが出来ます。

富士急ハイランド日帰り びゅう

さいごに&関連記事リンク集

富士急ハイランドへは車やバスで行く手段もありますが、電車は渋滞がないので時間が読めるのがメリットです。

更にフリーパスを購入予定でしたら、出発地が合えばかなりおトクですよ。

電車とフリーパスのセット券の料金割引や開園時間や、それに合わせた行き方は、以下のリンクから読むことが出来ます。

素敵な一日を。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

-レジャー
-,

Copyright© 好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.