好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

ゴム通しやひも通しの簡単なコツ途中で引っかかって通らなかったり抜ける時は?

      2017/05/18

衣類や袋物などのゴム通しやひも通しに苦労する時ってありませんか?

最近は専用のゴム通しがなくても、安全ピンでスムーズにいくと感じますが、予め通っている物の入れ替えでしたら裏技も。
ゴム通しやひも通しを簡単にするコツや途中で引っかかって通らない時や抜けた時の対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

ゴム通しやひも通しの簡単なコツ

古いゴムやひもが通っている場合

ゴム通しやひも通しがなくても簡単にできる方法です。
古いゴムを抜く前に、古いゴムの片方を、抜けないようにピンなどで止めておき、反対側の古いゴムと新しいゴムを結ぶか縫い付けます。
そして、結びつけた側の反対から古いゴムを抜けば、新しいゴムを通すのも完了します。

新しいゴムの長さが十分ある場合ならほぼ大丈夫ですが、短めの場合には新しいゴムの端っこを安全ピンかまち針でとめておくと、通し穴に入り込むことがなくなります。

古いゴムやひもが通っていない場合

ゴム通し(または安全ピンやヘアピンなど)を途中まで通したら、ゴム通しを布の上から押さえて固定して、ゴムが入った部分の布を引っ張るのを繰り返します。

この時ゴム通し側から段々ゴムの入り口に近づくように布を伸ばしていくと無理なくゴムが通せますよ。

また、太いゴムになると通すのが大変になる場合も。
その際、面倒でなければ…ですが、ゴムを通す部分の真ん中あたりをミシンで縫って、ゴムを通す所を2本作り、そこに細いゴムを1本ずつ(2本)通す手もあります。

太い平ゴムの方がよじれやすく、体に当たったときに気持ち悪かったり、ウエストの安定感も細いゴム2本の方が良い感じがします。

また、このように敢えて2本作らなくても、予めゴム通しが2本あるものも。

この位ならそれぞれ入れてもいいのかな?と思いますが、ギャザースカートや、フラダンスのパウスカートのような、生地のボリュームがズボンに比べてかなりあり、かつ、ゴムを3本以上一気に入れる場合には、頭の部分にタコ糸通しの穴が付いていて二本一組で使う菜箸を使い、片方のゴムは菜箸の紐に結びつけ、反対側は、まとめて止めておくか縛っておいて通すのが便利です。

フラダンス パウスカートのゴム通しの方法!約3分音声あり

スポンサーリンク

ゴムやひもを通している途中で引っかって通らない場合は?

ゴム通しの部分の生地を手でずらしてみて、通し穴が開くのならよいのですが、それでも通らない場合には、縫い代に入り込んでいるのが考えられます。
特に脇線の場合は縦に先を阻むようになっているのでちょっと厄介。

思い切って通しているゴムやひもを抜いて、反対側から通していくと、スムーズに通せることが多いです。

かなり苦戦した時の写真です。3/4まで通せていたので、抜くのがもったいない気がしていたのですが…(今思えば何に?)
himotoushi-kotu1

反対側から通してみたら今までの苦労は何だったの??な程あっけなく通すことができました。
himotoushi-kotu2

ゴムやひもを通している途中で抜けた場合は?

ヘアピンなど、ある程度の長さがあって挟めるものを抜けたゴムや紐の先まで入れて、挟んでたぐり寄せて通し穴まで持っていくこともできなくはないですが、片方でしたら、抜いちゃってもう一度入れなおした方が早いです。

また、針穴が太くなったようなゴム通しは抜けることもままあります。
再チャレンジの際に安全ピンが手元にありましたら、ゴムやひもに安全ピンを刺して通していくのが抜けにくく入れやすいです。
安全ピンなどを使った通し方の記事は巻末のリンク集から読むことができます。

そして、今後の事を考えてゴム通しを用意しておきたい場合には、ゴムやひもをクリップで挟む方式のゴム通しも使いやすそうです。


   
スポンサーリンク

さいごに&関連記事リンク集

ゴムやひもを入れるのって苦戦するときは苦戦しますよね。

私もコツをつかむまでは、なんでこんなに時間がかかるのだろう…という感じでした。

ゴム通しやひも通しがない時の通し方の方法や、また、ウエストのゴムを調整したい際には、洋服の状態によってさまざまな方法があります。
下のリンクからどうぞ。

ゴム通しやひも通しがない時の代用に安全ピンやヘアピンやストローを使う方法は?

ウエストのゴムの調整方法ゴム通し口なしベルトラーズボタンホール

素敵な一日を(^^
最後まで読んでいただいてありがとうございますm(__)m

こちらの記事もあわせて読みたい

 - 暮らしのこと ,