日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

季節のこと

お年玉のポチ袋小さい袋とお札を折らない大きい袋もあり?貰った感想も

投稿日:2017年12月27日 更新日:


お年玉を入れる袋は、お札を折る小さい袋と思っていたら、長札で入れることが出来るディズニーの袋で頂きました。

始めて見た時は驚きましたが、貰う子どもと預かる親からするとイイかも!と。

ポチ袋についてや、小さい袋の理由やお札を折らない大きいタイプもありか?について貰った感想を交えてまとめてみました。

スポンサーリンク

ポチ袋とは?

ポチ袋とは、祝儀やお年玉やお小遣いを入れる小さいサイズの袋で、ポチ袋の「ポチ」は「これっぽっち」という意味から、心ばかりのお金をさりげなくあげる時に使うものとなります。

また、熨斗(のし)が書かれたポチ袋もあります。
主に結婚式などのお祝い事の心づけに使われます。

といっても、ポチ袋にも、お札をたたまないで入れるサイズのものもあります。

こちらのポチ袋はダイソーで108円で購入した7枚入りのものです。

二年連続同じお年玉袋というのもなぁ…ということで、新たに購入してみました。
ドラックストアのセイムスで98円(税抜)で購入した3枚入りのもので、封をする丸いシールもついていました。

レジ前に設置されていたお年玉袋のコーナーでは、大きい袋と小さい袋が半々の割合でした。

※店舗により品揃えが異なる場合がありますのでご了承ください。
また、店内写真はお店に確認の上、撮影、掲載しています。

お年玉のポチ袋に小さいタイプを選ぶ理由は?

小さい袋のタイプが主流ですが、大きいタイプのポチ袋もありです。
それぞれの感想をまとめていました。

お札を折って入れるタイプのポチ袋を選ぶ理由は、

子供に渡すお年玉なので、子どもの手で持てるサイズ。

これが一番うなずけました。
そして、皆さん新札を折ってくださるので、袋の口が開いてパンパンですが(笑)

景品でもらうお年玉袋がお札を折って入れるタイプだった。

過去に郵便局の景品でお年玉袋をもらったことがありましたが、特にお年玉を渡す子どもが少なかったりする場合、袋を買っても余っちゃうんですよね…
景品が好みに合うものでしたら、これもありかと思います。

スポンサーリンク

お年玉のポチ袋にお札を折らない大きいタイプを選ぶ理由は?

お札を折らないタイプのポチ袋を選ぶ理由は

あげる側として、

せっかくを新札を用意したのだから折らずに渡したい。
新札を使うのは『(贈るために)用意しました』という心遣いなので。

私も

「新札を用意したのに、なぜお札を折るような形で渡すのだろう?」

と疑問に思っていたので、そういわれてみるとなるほど!
と思いました。

もらう側としても

折り目の付いてないピン札なので嵩張らず、スッキリ持ち歩きが出来る。

親の立場になってから気がついたのですが…

子どもがもらったお年玉はひとまず親が預かりますよね。
その時にポチ袋ですとサイズは小さいけど厚みが出て、バックの中が結構大変な事になっていました。

折らないタイプが少数派としても、個人的に助かりました。

もらう子ども側としても、

折ってない新札ってなんか嬉しい。
普段あまり見ないので、新札ってこのために用意してもらったようで嬉しいのでしょうね。

あと、少数派ということで…
名前が書いてなくても誰からもらったかが分かる(笑)

お年玉を頂く時って、挨拶がてら結構バタバタといただくので、私もお礼を言えるように見ているようにはしているのですが…
袋にどなたから?

が書いてないと分からなくなってしまうことも。

お年玉の袋には誰から。
とわかるように書こうと毎年思います。

スポンサーリンク

さいごに

大きいサイズのポチ袋も販売されておりますし、新札を折らずに渡すことが出来る。
という意味でもこれはいい。

と思いますが、これまでの慣例を重視する傾向のあるご親戚ですと、ポチ袋一つにしてもケチがつく場合もなきにしもあらずなので、
このあたりは臨機応変にされるといいと思います。

素敵な1日を。
最後まで読んでいただいてありがとうございます^^

あわせて読まれている記事と広告

-季節のこと
-

Copyright© 好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア , 2018 All Rights Reserved.