日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

レジャー

鶴ヶ城へお花見に桜の開花状況と平日の混み具合と周辺の食事ができる所は?

投稿日:

鶴ヶ城の周辺には、ソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラなど、約1,000本の桜が咲いており、赤い瓦の天守閣との見事な景観が見事です。

鶴ケ城へ夫とお花見に行ってきました。
その時の桜の開花状況と平日の混み具合、園内や周辺で食べた食事で美味しかった所をまとめてみました。

スポンサーリンク

鶴ヶ城へお花見に行った時の桜の開花状況は?

2018年4月16日の平日に訪れました。

私が訪れた日は、まさにソメイヨシノが満開の見ごろで、あと数日遅れたら散っていたと思われます。

鶴ケ城へ平日にお花見に行った時の混み具合は?

郡山から車で鶴ヶ城へ向かいました。
国道49号線をひたすらまっすぐ走っていくと辿り着きます。

高速を使って1時間、下道で1時間半ちょっとかかります。

行った当日は、平日だったため道中や現地も混雑はありませんでした。
ただ、割とご年配の方は多く見受けられたように思います。

駐車場までも特に待機時間はなく、スムーズに入場できました。

鶴ヶ城の駐車料金と無料で観覧できるエリアは?

駐車料金は2時間で300円で、1時間毎に100円追加料金がかかります。

公園内の桜は無料で観覧できますが、鶴ヶ城の天守閣に登る場合は400円かかり、その他茶室等の施設を見る場合は+数百円かかります。

私は、公園内を歩いてみて回るだけだったので、天守閣や他の施設には見学しませんでした。

公園の桜の写真を撮影したり、ちょっとした軽食を食べながら歩き回って、大体一時間半程度の滞在時間になりました。

天守閣に登ると、もう少し時間がかかると思います。

トイレは公衆トイレが用意されています。

スポンサーリンク

鶴ヶ城へお花見に行った感想

私はもともと福島県外から嫁いできたため、福島県の観光名所には物珍しさがありました。

特に会津若松地方は興味がありましたが、車の運転が不慣れだったためなかなか行く機会が持てなかったのですが、夫が観光で行ってみようと誘ってくれました。

鶴ヶ城公園の駐車場を降りてまっさきに目に止まった立派な石垣。
会津の長い歴史が感じられます。

そして、城に向かって歩いていく道中にも立派な桜が咲き誇っています。

公園にたどり着く手前でも、写真を撮影する方が多くいらっしゃいました。

また、公園にたどり着くと、真っ青な空に立派な白ぬりの城、そしてその周りに咲くソメイヨシノといった見事な景観を望めます。

鶴ヶ城は一度取り壊した後再建された城のようですが、当時の姿を再現し、天守閣は珍しい「赤瓦」をまとっているそうです。
赤瓦と桜とのコラボレーションもまた素晴らしい。

この日は気温が12~15度くらいだったと記憶しています。
パーカーに厚手のカーディガンを羽織っていても寒かったです。

この時期で12~15度というと気候によって肌寒さを感じますので、気温調節しやすいジャケットがあると良いと思いました。

鶴ヶ城園内や周辺で食事のできる所は?

鶴ヶ城公園内には出店などはなく、軽食の売店がある程度でした。
福島の名物品…という感じではなかったものの、ソフトクリームやあげ餅、お饅頭が売っています。

薄いピンク色をした「さくらソフトクリーム」が販売しており、ほとんどの人が肌寒い中でもソフトクリームを購入されていました。

ただ、しっかりご飯を食べるというところではないため、食事は鶴ヶ城を出てから食べる人がほとんどではないでしょうか。

周辺のグルメ情報を調べて行きましたが、蕎麦屋さんが多かったため、ランチは蕎麦屋を利用しました。

「蕎麦 香寿庵」というお店で、鶴ヶ城近くとあってか、ほぼ満席でした。

こちらで食べられるのは十割そばで、私は冷たいそばが好きだったので、天ざるそばをいただきました。
麺はこしがあり、てんぷらはサクサクでとても美味しかったです!

休日は混んでいるとの情報もありましたので、休みの時には駐車場の情報を調べて行ったほうが良いかもしれません。

また、会津では「ソースカツ丼」も定番のグルメのようで、会津によく行く方から「なかじま」というお店が評判が良いとの情報を聞きました。

福島、特に会津は米どころでもあるため、米は大体の店で失敗がないハズ…とも聞いております。

今度はソースカツ丼もチャレンジしてみたいです。

スポンサーリンク

さいごに&関連記事リンク集

この次行く時にはもう少しゆっくり時間を取って天守閣に登ってみたいと感じました。

鶴ヶ城桜の見頃や開花予想見所やライトアップにつきましては、以下のリンクの記事でご紹介しております。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

あわせて読まれている記事と広告

-レジャー
-

Copyright© 好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア , 2019 All Rights Reserved.