日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

レジャー

潮干狩りの服装女性や男性や子供の場合おしゃれでかわいいを画像で紹介

投稿日:2016年4月3日 更新日:

shiohigari2

初めての潮干狩りだったり、お子さん連れの場合は、何を用意してどんな格好をすればよいのか気になりますよね。

そして、潮干狩りは潮が引いている間のみの時間勝負。
出来る限り事前準備とリサーチしておきたいところ。

潮干狩りの服装に適したスタイルを女性や男性お子さん対策も含めて、機能性を重視しながらおしゃれでかわいい商品を画像を含めつつまとめてみました。

持ち物や道具につきましては、潮干狩りに必要な持ち物や便利な道具子連れにも画像で紹介と、巻末のリンク集から読むことができます。

スポンサーリンク

潮干狩りの服装女性や男性や子供に共通なこと

まずは動きやすくて、濡れても乾きやすい服装がベストです。

また、海は紫外線も強く、時期的にも日焼けの影響を受けやすいので、手足など露出する場所は日やけどめや長袖で対策するのはもちろん、忘れがちな頭は帽子、首元はタオルやネックガードなどで紫外線対策も行いましょう。

潮干狩りに適した服装おしゃれでかわいいを画像で紹介

上着

濡れると冷えますので、着ていく服プラス、軽くて透湿性のあるウインドブレーカーなど、乾きが早い長袖を1枚多めに用意されるのがベストです。

日焼けや寒さを防いで濡れても乾きやすいラッシュガードもおすすめです。
また、日焼け止めを塗るのを嫌がるお子さん対策にもよいですよ。

楽天ランキングのラッシュガードパーカーレディーススタンダード部門総合一位、リンネのラッシュガード。

フルジップタイプなのでさっと羽織れて、脱ぎ着も楽。

フードを被ると、忘れがちな頭部や耳の日焼け防止になり、袖は指穴付きで手の甲までガードできます。
そして、海以外の普段使いでも違和感なく使えるデザインです。

 

女の子向けのデザインを載せましたが、男の子にも使えるデザインのラッシュガードパーカーも11色ありました。

また、上の画像のフードありのラッシュガードの他に、フードのないタイプは下の画像の商品になります。

 

また、大人向けとして、メンズ、レディースともデザインも豊富なので、家族全員のUV対策もできます。

リンネのラッシュガードで私も購入した下の画像の商品は、ちょうどヒップが隠れるのが体形カバーにも嬉しいフリルタイプ。

腰ひもは取り外してすっきり着こなしたり、腰ひもを締めて、すこし上に引っ張ってふんわりさせる感じで少し上に引っ張ってブラウジングすることもできますので、潮干狩りでしゃがむ時に裾がつきにくいです。

親子お揃いにもできますよ。

 

 

上の画像のロングフリルのラッシュガードは、購入後着用した感想の記事を書いております。
下のリンクからか、巻末の潮干狩りまとめ記事よりどうぞ。

また、裾にフリルのないベーシックなタイプや、

 

メンズのラッシュガードもありますのでご家族やカップルでお揃いにもできます。

 

ズボン

しゃがんだ体制が続きますので、水分を含むと重くなるデニムなどの綿素材よりは、着心地の良いストレッチ素材や、濡れても乾きやすい素材のものがよいでしょう。

また、半ズボン長ズボン問わず、裾がひらひらするものは、まくっても途中で落ちてきて濡れてしまったり、ローウエストのパンツは腰がスースーしたりと傍目から目のやり場に困ってしまうこともありますので、ハイウエストのズボンのほうが快適にすごせます。

また、自宅から水陸両用に使えるトレンカを履き、潮干狩り時には水着素材のショートパンツと合わせるのも、着替えとしての荷物の嵩が少なくなったのでよかったです。

 

上の画像のリンネのトレンカをラッシュガードと一緒に購入しました。
以下のリンクの記事から読むことが出来ます。

また、下の画像のレギンスもお手頃価格にもかかわらず、UPF50+のUVカット商品で商品レビューも多い人気商品となります。

 

そして、お子さんは、濡れるのを気にする前に座り込んだり、予想外の行動をしがち。

その際には下着代わりに着替え易いセパレートの水着を着せてあげるのもよいですよ。

靴・足元

足元は、裸足で海に入ると割れた貝などでケガをする事があるので、足元を覆うマリンシューズが一番オススメ。
砂や貝片が入らず快適です。

下の画像のマリンシューズは、楽天の人気部門ランキング第一位を獲得したハイカット気味のタイプで、サイズが21.0~28.0cm。
ブラック、ブルー、マゼンタピンクの3色展開ですので、ご家族やペアルックにも。

 

もうひとつは、楽天市場内のkeapa(ケイパ)の4色展開のマリンシューズ。

つま先部分は冷やさないために耐熱性や耐寒性に優れたネオプレイン、足の甲部分は乾きやすいメッシュと二つの素材を組み合わせています。

ソールは厚めの凸凹な靴底が滑りにくいのにもかかわらず、軽量化を実現!
海ばかりでなく普段使いにも違和感のないデザインです。

サイズは22.0~28.0cm。
小学生位のお子さんから大人サイズまでペアで揃えることもできます。

 

上の画像のOC SPORTSは税込1,393円、送料540円(北海道・沖縄は1080円)税込5,400円以上で送料無料。

下の画像のAruge(アルージェ)は税込1,998円ですが送料無料ですので、購入合計金額に合わせてどうぞ。

 

また、サイズの小さ目なお子さん向けには、開口部を広くした、一人でも履きやすいマジックテープ仕様のマリンシューズがおすすめ。

ピンクとブルーがあり、サイズは15.0~22.0cmです。

 

ビーチサンダルやクロックスは水や砂が入り込みやすいという面と、泥がはねて周りにも迷惑になります。

また、処分してもいいような靴や長靴とも聞きますが、これはこれで、水や砂が染みこんだりすると、抜けにくく、足元の冷えや気持ち悪さにつながるのでやめておいたほうがいいです。

もうひとつのお子さん対策として、息子が幼稚園の時の宿泊体験時の川遊びの時には、現地で処分するのを前提として、

「ハイソックスを持たせてください」

との指示がありました。

水で重くなったりすると靴を脱ぎたがることもありますが、足元の軽量化と、素足よりは安心という意味ではいいかもしれません。

帽子

紫外線対策ですので、つばが広めなものがベストです。

そして、海風が強い時はつばが広いほど煽られますので、大人も飛ばされないようにゴムひもをつけていくのがおすすめです。

ラッシュガード生地の水陸両用タイプのキャップです。

最近は園で被る帽子も首の日除けがついたものを多く見かけますね。
明るい色合いですので、お子さんの目印にもなります。

 

水陸両用かつ、普段にも被れそうなキッズ用の日除けカバー付きの帽子は、楽天ランキング第一位になったこともあるこちらの帽子もおすすめ。

ゴムのあご紐がついていて、折りたたみできますので、かぶらない時の荷物もかさばらなくていいですよ。
家で洗えるのもメンテナンスが楽でいいですね。

紹介リンクは50~54cmですが、ベビーサイズの46cm~48cm、もっと大きいサイズの52cm~56cmもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クーポン発行中!!【定形外郵便可】connect M コットンバオバブキャップ[...
価格:2699円(税込、送料別) (2018/9/24時点)

 

楽天で購入

 

 

大人の女性には、いかにも首をガードしています!という感じがしない、広いつばから自然につながったネックガードにもなる帽子もオススメ。

紫外線防止指数 UPF50+(最大)の綿素材、かつ、折り畳めて、お色も13色ありますので、普段のコーディネイトにも合わせやすいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

首周り

また、下を向いていることが多いので首筋が焼けます。

タオルも汗拭きを兼ねられるのでいいですが、ネックガードなら、タオルがほどけて億劫というのからは回避されます。

ラッシュガードと同素材のネックガードです。女性にももちろん、男性にも違和感がないのでは?

 

普段着にも合わせやすい素材感の、ネックガードとフェイスガードを兼ねたタイプです。

鼻パットつきで耳に引っ掛けられるようになっているので、フィット感も期待できますね。

 

また、頭から首までのプラスワンの日焼け対策として、上着のお話でもご紹介した長袖のパーカーのフードをかぶってしまうのもよいですよ。

サングラス

海面を見ている時間が多いので、水面のギラつきや照り返しで目が疲れます。
偏光サングラスならそれをシャットアウトし、水中も良くみえるようになります。

また、潮干狩りの他にもウォータースポーツ、雪面のうねりやコブも見やすくなるという意味ではウインタースポーツにも最適です。

 

いかにもスポーツスポーツしているデザインが苦手な女性には、このようなデザインもカッコいいですね。

 

こちらのショップはメガネ屋さんですので、デザインも豊富ですよ。

日焼け止め

水に濡れるので耐水性のある日焼け止めがベストです。
お子さん向けにも刺激の少ないタイプの日焼け止めが出ています。

子供向けで水遊びにも使えて、赤ちゃんからお肌のデリケートな方まで使えるということで、レビューが多いのは、ぴたっとサンミルク SPF30 PA+++ 45g

石けんで簡単に落とせます。
ユーカリやシトロネラ、レモングラスなど、虫のいやがる香りが入っていますので虫除け対策にもなります。

 

また、ウォータープルーフではないですが、個人的に気に入っていているのはマミーUVマイルドジェル。

低刺激性、弱酸性、無着色・無香料・防腐剤フリー・無鉱物油・アルコールフリーで、せっけんで簡単に落とせて、塗り心地も軽めで、息子も嫌がらずにつけています。

写真は持ち運びしやすいミニサイズですが、100gのポンプタイプもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マミー UVマイルドジェル N(100g)【マミー(伊勢半)】
価格:972円(税込、送料別) (2018/9/24時点)

 

楽天で購入

 

 

着替え

それでも、潮干狩りに夢中になっているといつの間にか洋服が濡れたり汚れていることも。

お子さんはもちろん大人の方も、下着を含めた着替えを持たれたほうが、潮干狩りの帰り道は快適に過ごせますよ。

スポンサーリンク

さいごに&関連記事リンク集

服装につきましては、すでにお持ちのものもあると思われます。

それゆえに、これからのマリンスポーツやアウトドア計画や普段の行動パターンに応じて、ここから必要な物を増やしたり減らしたりしてみてくださいね。

潮干狩りに必要な持ち物を商品紹介を入れつつ書いております。
下のリンクからどうぞ。

富津海岸へ潮干狩りに行って来た際の記事も含めた、当ブログで掲載している潮干狩り関連の記事をまとめてみました。
楽しく充実した潮干狩りのヒントになれば幸いです。

楽しい潮干狩りになりますように。

素敵な一日を♪
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

あわせて読まれている記事と広告

-レジャー
-,

Copyright© 好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア , 2019 All Rights Reserved.