好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

浅草寺四万六千日雷除札の由来限定お札お守り御朱印値段と種類は?

      2016/07/14

asakusahoozukiichi
7月9日と10日の浅草寺四万六千日の縁日。
ほおずき市として名高いですが、お参りしたなら、ほおずきとともに忘れてならないのが、この二日間のみ授かることができるお札とお守りと御朱印。

境内各所に巨大な雷除札が飾られているので、目に留まると気になったり。

雷除札の由来や現代では「災難除守」ともいわれるお札とお守りの値段、祈祷札と御朱印も二日間限定のものとなりますよ。

スポンサードリンク

浅草寺四万六千日雷除札の由来

7月9日と10日の2日間に限って授与されるお札として、「雷除札」と、通常は白の掛紙ですが、黄色の掛け紙の祈祷札「黄札」があります。

雷除札の由来は、江戸時代に「赤とうもろこし」を吊るしていた農家だけが落雷の被害にあわなかったことから、「雷除(かみなりよけ)」として赤とうもろこしが売られるようになりました。

ところが、明治時代に不作が原因で赤とうもろこしを売ることができなかった際に、人々の要望により「四万六千日」のご縁日に「雷除」のお札が浅草寺から授与されるようになり今に至ります。

この日だけ授かれる「雷除(かみなりよけ)」のお札を求めに参拝される方もたくさん見えられます。

浅草寺四万六千日雷除札災難除お守りの値段と種類は?

竹の先にお札が付いていて、神棚などに飾るタイプの、現代では「災難除」とされているお札500円。
sensouji-simanrokusennichi11

携帯版できる大きさの、蓋を開けると雷除け札のミニチュア版が入っている「災難除守」800円。
sensouji-simanrokusennichi13

災難除守は、普段でもありますが、四万六千日(しまんろくせんにち)」と書かれたものは、この二日間のみ。

この特別なお守りはなくなり次第終了とのことですので、お守りを授かりたい方は早めに参拝されるのをお勧めします。

スポンサードリンク

浅草寺四万六千日ご祈祷志納金と祈祷時間は?

黄色い掛け紙の祈祷札となり、四万六千日ご祈祷志納金は三千円以上・五千円以上・一万円以上・二万円以上。
志納金によりお札の大きさが変わります。

sensouji-simanrokusennichi15

本堂四万六千日上祈祷時間は午前6時から9時までが1時間間隔、
(9日の7時からのご祈祷はなし)
9時半から19時半まで30分間隔で設けられています。(2016年度)

現在浅草寺のトップページから、四万六千日(ほおずき市)参拝として、四万六千日上ご祈祷札のご案内と境内参拝順路と配置図が出ております。
浅草寺

浅草寺四万六千日御朱印は?

御朱印もこの2日間は、日付の右側に四万六千日の朱印が押される御朱印がいただけます。 ご志納金は300円。

ちなみに、今ではどちらの日に参拝してもご利益は同じと言われていますが、本来の功徳日にこだわるのであれば、7月10日に参拝するのがよいでしょう。
10日に聖観世音菩薩と大黒天両方戴き、四万六千日の朱印が入っているのは聖観世音菩薩のみでした。

sensouji-simanrokusennichi15

なお、浅草寺は御朱印を戴ける場所が本堂から少し離れた影向堂になります。
御朱印を授かった際の記事は下のリンクからどうぞ。

浅草寺で御朱印を受付時間や場所御朱印帳の種類と苦言

7月10日に限定御朱印と雷除け札と災難除守を授かってきました。
その際の様子は下のリンクからどうぞ。

浅草寺四万六千日限定御朱印待ち時間やもらい方雷除札の祀り方災難除守の持ち方

さいごに&関連記事リンク集

雷除けのお守りが2015年の夏から秋にかけては雷が多く、屋内に居るから安心というわけでもなく、パソコンや電化用品にとっても脅威なので、今では災難除のご利益もありますが、元々の雷除札としてもかなり気になります。

ほおずき市について記事を書いております。
ほおずき市浅草寺の由来日程時間値段風鈴とセットの理由育て方種類は?

浅草周辺は、浅草寺については交通アクセス、おみくじ、初詣、羽子板市などの記事と、隣接する浅草神社、浅草に5店舗あるおいもやさん興伸、浅草始発と終点の特急スペーシアとりょうもう切符の購入方法について記事を書いております。

浅草記事まとめ浅草寺浅草神社おみくじ御朱印アクセスグルメ花見

寺社に出向いた時の話など、交通アクセスを含めた記事を書いております。

寺社参り関連の記事はこちらをクリック

浅草寺周辺の観光や宿情報、地図はこちらをクリック【楽天たびノート】

関東の花火大会と夏祭りについて書いております。記事のまとめページは下のリンクからどうぞ。

花火大会と夏祭り記事関東まとめ持ち物日程アクセス屋台混雑穴場

スポンサードリンク

素敵な一日を(^^
最後まで読んでいただいてありがとうございますm(__)m

関連記事

 - イベント, ,