日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

イベント

マザー牧場イルミネーションの混雑と料金と感想と周辺や園内の食事は?

投稿日:2018年10月20日 更新日:

マザー牧場のイルミネーションは例年10月下旬の土曜日から2月下旬の日曜日まで開催されており、昼間からたっぷり遊んだ後、もしくはイルミネーションだけでも楽しむことができます。

11月の連休の際に昼間から出向いた際の混雑と料金と感想と周辺や園内の食事についてまとめてみました。

スポンサーリンク

マザー牧場イルミネーションの混雑は?

2017年11月3日の祝日に午前中から行きました。

11月の3連休にあたり、昼間はかなり混雑してました。

ご飯を食べることもままならず、やっと食べられたと思ったら、見ることができる動物ショーはあといくつかしか残っておらず、ふれあい広場もいっぱいでゆっくりできません。

とはいえ、16時以降のイルミネーション部門が始まると、割と人が空いたように思います。

都内からは少し遠くイルミネーションだけで行くのは躊躇してしまうかもしれませんが、値段も安く、イルミネーションとしても楽しめるのでおすすめです。

3連休でも夜はそんなに混雑がなく、車で帰る頃には4000台入る駐車場がぎっしりだったのに、結構すかすかだったので子供連れだと早めに帰る方が多かったのかもしれません。

マザー牧場イルミネーションの料金は?

1日朝から滞在する場合は大人は1500円、子供は800円ですが、16時以降の入園なら大人600円、子供300円とかなりお得です。

また駐車料金は、朝から楽しむ場合は通常通り900円ですが、イルミネーションだけで16時からの駐車は無料となっています。

スポンサーリンク

マザー牧場イルミネーションの感想は?

イルミネーションがあるのは知らず、マザー牧場に着いた時に知りました。

マザー牧場のおまけとしてやってるくらいに思ってましたが、かなり本格的なイルミネーションで、音楽に合わせて光が変わったり、マザー牧場らしく牛のイルミネーションがあったり、馬の駆ける音と共に光がテンポよく点滅して臨場感もありとても楽しめます。

展望台があり上から眺めたり、タワーもきらきら装飾されていて綺麗でした。

イルミネーション単体としても十分な広さだと思いますしクオリティも高く、普段ならマザー牧場は冬場は16時に閉園してしまいますが20時まで開園しているので夜にマザー牧場に滞在できるというのは貴重でした。

ただし、16時以降は、ふれあい広場にてモルモットとふれあったり、ひつじのエサやり体験はできますが、動物達は中に入ってお休み中となり、イベントは開催されていないのでご注意ください。

また、山の上でイルミネーションが行われているので寒いです。
防寒は念入りにしていかないと寒すぎてもう帰ろうか、なんて声もちらほら聞こえてきました。

マザー牧場周辺や園内の食事のおすすめは?

マザー牧場周辺にはこれといったごはんやさんはなく、マザー牧場内で食事をするのがいいかと思います。
16時以降もマザー牧場ではごはんが食べられます。

イルミネーション期間限定で、ジンギスカンか、もち豚のせいろ蒸しのどちらかの食べ放題メニューがあります。

サイドメニューでコロッケやドリンク、サラダ、ケーキ、ラムカレー、ライス、味噌汁がつきます。

種類豊富で時間も90分あるので、このようなイベントがあるとイルミネーションに興味のない男の人も楽しめるんじゃないかと思います。

また、キラキラファーム限定でローズマリーカフェではかわいいパフェが販売されます。
ブルーの角切りゼリーとバニラアイスとコーンフレークが重ねられ、パステルカラーの香川名物のおいりがトッピングされています。

イルミネーションのように華やかでいろんな食感が楽しめます。

SNS映えにぴったりで女の子が思わず撮りたくなるような可愛らしいデザートメニューです。

スポンサーリンク

さいごに&関連記事リンク集

2018年は昨年までのクールなイメージから、暖色系の暖かみと手作り感のあるイメージに一新されるとのことで、更に楽しみです。

おすすめのお土産や美味しかった食べ物、2月に行った時の混み具合や見どころにつきましては以下のリンクの記事でご紹介しております。

素敵な1日を。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

あわせて読まれている記事と広告

-イベント
-,

Copyright© 好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア , 2018 All Rights Reserved.