日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

イベント

江ノ島イルミネーションの駐車場と会場の混み具合と近辺の食事と観光は?

投稿日:2018年10月23日 更新日:

江ノ島のイルミネーション湘南の宝石は、江ノ島シーキャンドルを中心に江の島全体がイルミネーションに彩られ、例年11月の下旬から2月のバレンタインデー時期まで開催されます。

12月の土曜日に車で行った際の、駐車場と会場の混雑と周辺の食事と過ごし方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

江ノ島イルミネーションに車で行った際の駐車場の混み具合は?

2017年の12月上旬の土曜日に行きました。
車で江ノ島へ昼過ぎ頃に到着して、途中渋滞はなかったものの、駐車場は、私達が停めた少し離れた場所、近場とも混みあっていました。

臨時駐車場という表記は見かけなかったです。

最初から

「江ノ島により近いほうは混んでいるだろう」

少し離れたパーキングに止めて、江ノ島まで歩くことにしましたが、結構離れていたため江ノ島に着くまでもだいぶ歩き、そのあとイルミネーション会場までも結構歩くので疲れてしまいました。

一応、近場の駐車場も見たうえで決めたらよかったと思いました。
寒さもありつらかったです。

ちなみに、湘南海岸・江ノ島の駐車場の空車情報は、湘南なぎさパークのwebページで見ることができます。

江ノ島イルミネーション会場の混雑は?

サムエル・コッキング苑の入場料は大人200円、子供100円とのことで手頃な印象でした。

イルミネーションのクオリティも値段に見あっているのではないかと思います。

土曜日でしたが、そんなに混雑している感じもなく、待ち時間無しにスムーズに観覧することができました。

江ノ島イルミネーションの感想と注意点は?

イルミネーション自体はとても綺麗でした。

アーチ上の青のイルミネーションを通って行く時はとても感動しました。
また、ゴールドのイルミネーションの区画は写真にも映えて、上品な印象もありとても素敵な空間でした。

ここでは写真を撮っている人が多かったような気がします。

メインの展望台にもイルミネーションが施されていたり、木に吊るしてあるオブジェのようなものにも光が反射するような形で感心したりとちょっとしたオブジェもあるのがよかったです。

江ノ島という観光地のため、親子もいれば女子グルーブ、男子だけのグループ、男女グループなどいろんな人がいたので、どんな人が行っても楽しめるような気がします。

会場まではエスカーも使いつつ坂道や階段も多いので、歩きやすく、防寒性のある履物のほうがいいかと思います。

また、やはり海辺のため風が強いので、服装には注意した方が良かったかなと思います。
ロングカーディガンで行ったのですが、砂が結構ついてしまいました。

スポンサーリンク

江ノ島イルミネーション近辺の食事のおすすめは?

イルミネーションに伴って出店している屋台はなく、江ノ島の食べ歩きスポットとして有名なお店で食べ歩きしながら観光も楽しみました。

タコせんべいや、海鮮丼は江ノ島にきたからにはマストだと思います。

タコせんべいお店前は列ができていました。
とても美味しいかったです。

また、パンケーキもおいしかったです。

海辺にあるカフェなのでテラスで食べればオーシャンビューを楽しめます!

江ノ島イルミネーション近辺の観光は?

夕方に行ったのでサンセットも見ることができ、すごく嬉しかったです。
冬なので寒さに耐えられるのであればおすすめです。

江ノ島水族館も近かったり、海辺も近いので海辺でのんびりしたりもいい時間の過ごし方だと思います。

また、江ノ島には温泉施設・スパもありますのでまったりデートにもおすすめです。

しかし、土曜日でイルミネーションの時期だったからなのか入場するのに列も長く、なかなかのんびり出来ないだろうと思い、その日は利用しませんでした。

スポンサーリンク

さいごに&関連記事リンク集

江の島については、食事のレポと江島神社と江の島大師と御朱印について書いております。

以下のリンクから興味ある記事を読むことができます。

素敵な1日を。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

あわせて読まれている記事と広告

-イベント
-

Copyright© 好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア , 2018 All Rights Reserved.