日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

イベント

光の祭典2019元渕江公園と竹の塚けやき大通りのイルミを見に行ってきました

投稿日:2019年12月4日 更新日:

光の祭典足立2019

足立区保木間の元渕江公園内と、竹ノ塚駅から元渕江公園を結ぶ大通りがイルミネーションで彩られる、ADACHI光の祭典2019。

今年のテーマは「五大陸の動物たち」で3年ぶりのリニューアル。

2019年の点灯式から行ってきた際のフォトスポットとスタンプポイント。
竹ノ塚駅からのイルミネーションの様子を写真満載の現地レポでまとめてみました。

スポンサーリンク

光の祭典2019元渕江公園へ!新たな見所は?

元渕江公園正面の光の祭典の看板は、去年とはガラリと変わり、五大陸の動物たちが描かれていました。

光の祭典元渕江公園2019

入口を入って左手には、元渕江公園内のイルミネーションスポットやビュースポットなどの案内図があります。

光の祭典元渕江公園2019

初日の11月30日(土)は点灯30分前の16時半から点灯式。

まずはステージと光のツリーを見渡せる広場へ。

夕焼け空からだんだんと空が暗くなっていき

光の祭典元渕江公園2019

ライブステージと来賓の挨拶が終わり、点灯までのカウントダウンが始まります。

光の祭典元渕江公園2019

区長さんの挨拶の中に

「今年はフォトスポットが増えました。SNSなどで光の祭典の様子を広めていただけたら」

と。

順を追ってご紹介していきます。

8本ツリーとビームライトの演出

カウントダウンからメインツリーにイルミネーションが点灯する様子を動画に収めてみました。

光の祭典2019 イルミネーション点灯式 メインツリー光のショー
約4分、音声あり。

ステージ前ベンチの真ん中あたりに居りましたが、それでも18mmのレンズで8本の木をワンショットに収めることはできず…

スマホの広角側のほうで8本入れて撮影することができました。

光の祭典足立2019

光の祭典足立2019

光の祭典足立2019

8本ツリーのライティングショーの開始時間は、
17時から20時47分までの間の0分、15分、30分、45分。
五大陸それぞれをイメージしたメロディとともに開催されます。

光の祭典足立2019

ちょうどお腹もすく頃。
出店がには行列ができて賑わっていました。

光の祭典足立2019

一回目のライティングショーが終わったので、イルミネーションスポットを回ります。

水面に映えるフラミンゴ

正面入口すぐに見える大きな池。

フラミンゴたちの艶やかなシルエット。

水鏡と、その奥にある色とりどりのイルミがより映えます。

光の祭典足立2019

ここからがアフリカ大陸エリア。
そのまま道なりに進んだ右手には更に動物たちのオブジェがありました。

光の祭典足立2019

12月25日まで開催されているスタンプラリー。
スタンプポイント3番は角を曲がった右手にあります。

光の祭典足立2019

アフリカ大陸エリア

エリアごとに各大陸の概要と、何の動物がいるかの説明書きがあります。

ぱっと見「これなんの動物だっけ?」と思った時はこれらの看板を見てみるとよいでしょう。

アフリカ大陸エリアに居る動物は、サバンナに生息するおなじみの動物たち。
とのことで、ライオン、キリン、サイ、シマウマ、フラミンゴ。

光の祭典足立2019

通路も広く取られているので、思い思いのスポットで眺めたり写真を取ることができます。

光の祭典足立2019

ライオン

光の祭典足立2019

キリン

光の祭典足立2019

ジープに乗って撮影できるスポットは大人気。

光の祭典足立2019

サイ

光の祭典足立2019

シマウマ

光の祭典足立2019

アフリカ大陸エリアを抜けると、スタンプポイント5番

光の祭典足立2019

右手にはブランコや滑り台などの遊具。

特別感のあるお祭りの夜。
親子連れでいっぱいです。

光の祭典足立2019

遊具の左脇の通路には、

ピンクとブルーのイルミに彩られた通路。

かなり昔から毎年登場する小さな家。

「今年は中には入れないのかぁ…」

と思ったら、後ろの方から私と同じ

「中に入れないんだって!」

と子供に話しかけていたのには笑えました。

光の祭典足立2019

通路の奥には、アメリカ大陸エリアにあたる生物園が見えてきます。

光の祭典生物園

アメリカ大陸エリア

パイソン、ワシ、アリクイ、アルパカ、アルマジロが登場。

光の祭典生物園

光の祭典生物園

光の祭典生物園

光の祭典生物園

光の祭典生物園

生物園は、11月30日から12月22日の土曜、日曜日と、12月24日、25日は、午後5時から9時まで夜間特別開園期間となっております。

光の祭典生物園

冬のホタル観賞会や、ナイトツアーも開催されているので、お時間と興味がある方は行かれてみるとよいですよ。

ヨーロッパ大陸エリア

トナカイ、馬、白鳥が登場。

光の祭典足立2019

青いイルミに彩られた先には…

光の祭典足立2019

トナカイが引くそりと、馬が引く馬車に乗って写真を撮る方の行列が。

光の祭典足立2019

年に一度のビュースポット。
これは待ってでも写真に収めたいですよね(笑)

光の祭典足立2019

光の祭典足立2019

オセアニア大陸エリア

西オーストラリアのみで生息するクオッカ、コアラ、カンガルー、カモノハシが登場。

光の祭典足立2019

エアーズロックをバックにカンガルー。

光の祭典足立2019

カモノハシとクオッカ。

光の祭典足立2019

アジア大陸エリア

グリーンのイルミを背景にしたアジア大陸エリア。

パンダ、ツル、クマ、インドゾウ、トラ、オラウータンが登場。

光の祭典足立2019

オラウータンとインドゾウ。

光の祭典足立2019

光り輝く動物たちの中で、明かりが消えていたトラ。

「あれっ?」と思ったら…

光の祭典足立2019

逞しい鳴き声に「どこからだろう?」とあたりを見回すと、トラが光ってる!

光の祭典足立2019

光の祭典足立2019

笹林をバックにしたパンダ。

光の祭典足立2019

金閣寺をバックにした夫婦鶴。

光の祭典足立2019

ここ数年定番化しているクマはゴールド色で3匹。

光の祭典足立2019

大きいクマから、

光の祭典足立2019

小さめのクマも。
思い思いのポーズで記念撮影をしていました。

光の祭典足立2019

光のトンネルとハートのオブジェ

ゴールドの光のトンネルは今年もあります。

光の祭典足立2019

光の祭典足立2019

トンネルのそばには、スタンプポイント4番と、ハートのオブジェ。

こちらも行列ができる人気フォトスポットです。

光の祭典足立2019

光の祭典足立2019

通路を一周りして、また思い思いの場所へ向かいます。

光の祭典足立2019

そして、今年もありました。
竹ノ塚東口商店街のスノーマンとサンタクロースのオブジェ。

ほぼ変わらない様子はご家族の成長の定点観測としても使えそうです。

光の祭典足立2019

元渕江公園内のイルミネーションを見る所要時間は、フォトスポットに並ばなければ1時間で十分楽しめる感じです。

スポンサーリンク

竹ノ塚駅前のイルミネーション

今年の竹ノ塚東口駅前のイルミネーションは、ピンク、グリーン、ブルー、ゴールド系の色とりどりの電飾。

光の祭典竹ノ塚駅2019

竹ノ塚駅東口から向かい側に渡る横断歩道の途中にスタンプポイント1番がありました。

光の祭典竹ノ塚駅スタンプラリー

竹の塚けやき大通りのイルミネーション

竹ノ塚けやき大通りのイルミネーションは、けやき並木の両側がシャンパンゴールド色に彩られています。

光の祭典足立2019

元渕江公園へ向かう途中にある、竹ノ塚センターの前にスタンプポイント2番があります。

光の祭典竹の塚大通りスタンプラリー

国道4号線手前のイルミネーションの様子です。

竹ノ塚駅からこのあたりまで徒歩15分位。
信号を渡ったカーブの先に元渕江公園の看板が見えてきます。

光の祭典竹の塚大通り

スポンサーリンク

さいごに&関連記事リンク集

元渕江公園内のイルミの間の通路が広くなったりと、より見やすく、フォトスポットが増えて艶やかでした。

光の祭典の概要、元渕江公園までのアクセス、過去の光の祭典へ行ってきた時の様子は以下のリンクより興味のある記事を読むことができます。

素敵な一日を。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

あわせて読まれている記事と広告

-イベント
-

Copyright© 好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア , 2019 All Rights Reserved.