日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

レジャー

河口湖の紅葉もみじトンネルの感想と駐車場や混雑や周辺の屋台や食事は?

投稿日:

河口湖と西湖(さいこ)の北岸を走る湖北ビューラインにある、もみじトンネル。
紅葉と富士山を一緒に見ることができる人気のスポットです。

11月の上旬に河口湖からもみじトンネルの紅葉を見に行った感想と、駐車場や混雑状況や周辺の食事やお土産や見所についてまとめてみました。

スポンサーリンク

河口湖の紅葉もみじトンネルの感想とおすすめの理由

名前の通り、紅葉のトンネルを車で通過するということで、車でないと味わえないという貴重な経験をしたというのが嬉しく、車で紅葉トンネルを通過してから駐車場に停めて降りて紅葉トンネルを撮影するという過ごし方が何より楽しかったです。

もみじトンネルのところは紅葉と道という組み合わせしかないのだという印象だったのですが、もみじトンネルから河口湖方面を見ると富士山が見えてくることに感動しました。

総合的にもみじトンネルは良い場所だったのでおすすめできます。

紅葉スポットでの滞在時間は1度目の時点で5分、2度目の時点で20分くらいですが、十分に過ごせました。

トイレは無いですが、自動販売機はありました。

もみじトンネルの行き方は?

行き方としては、西湖から河口湖方面の道なら駐車場に入ることができるのでおすすめです。

河口湖から西湖方面の道では駐車場に入ることができなく、かつ停車することも厳しかったです。

結局私達は、西湖の駐車場でUターンしてから再びもみじトンネルに向かいました。

河口湖から西湖方面の道で行く場合は、車でもみじトンネルを通過するという気持ちで行くと良いです。

このような感じで二度手間を踏んでしまいましたが、もみじトンネルのクオリティの方が勝っているので、終始良い気分に浸りました。

もみじトンネルの駐車場と混雑は?

西湖から河口湖方面の山道を走るともみじトンネル付近の駐車場に停めることができます。
駐車台数は20台程で、入場料も駐車料金も無料でした。

2017年11月6日の午後1時くらいが1度目のもみじトンネルの通過時間であり、午後1時半すぎが2度目のもみじトンネルでした。

平日の昼間だからでしょうか?
道は混んでおらず、駐車場も1度目、2度目ともに混雑していませんでした。

そのため、駐車場に車を停めてからのんびりと散策することができました。

もみじトンネル付近の地図を載せておきます。

縮小すると周囲の位置関係。
拡大すると近くの駐車場の位置も見やすいと思います。
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

もみじトンネルの屋台や食事ができる所は?

山道の途中にあるため、屋台を始めとする店は何もありませんでした。
そのため、店に行きたい場合は河口湖にまで行く必要があります。

トイレも無いため、河口湖に行く必要があります。

西湖方面では自動販売機しかありませんでした。
西湖か河口湖かと言えば河口湖の方が良いです。

もみじトンネル周辺のおすすめスポットは?

もみじトンネルから一番近いおすすめスポットは河口湖です。

河口湖でも紅葉があり、その上、紅葉がライトアップされるというイベントがあります。

河口湖付近にはほうとう専門店がたくさんあるため、食事はほうとうにするというのも良いのですが、混雑を考慮する場合は本栖湖方面に行くと良いです。

本栖湖周辺にでもほうとう専門店はいくつかあります。

また、河口湖からもみじトンネルを経由し、西湖を越えた先にある精進湖もおすすめです。
精進湖には紅葉が無いのですが、逆さ富士という現象を見れる上に、湖の近くに車を停めることもできるので景色が良いです。

お土産は、河口湖を含め、山梨県といえば桔梗信玄餅がおすすめです。

スポンサーリンク

さいごに&関連記事リンク集

河口湖から山中湖までは、十分はしごができる距離ですのでおすすめです。

もみじトンネルへ行く前、朝イチで河口湖へ行ってきました。
河口湖へ紅葉を見に行った感想と、駐車場や混雑状況や周辺の食事やお土産や見所については、以下のリンクの記事からどうぞ。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

あわせて読まれている記事と広告

-レジャー
-,

Copyright© 好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア , 2018 All Rights Reserved.