日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

レジャー

山中湖紅葉まつりの感想と混雑状況駐車場や周辺の食事やお土産や見所は?

投稿日:

山中湖紅葉まつりは、山中湖旭日丘湖畔緑地公園にて、10月の下旬から11月の中旬頃まで開催されており、600mにわたる紅葉回廊のライトアップが素敵です。

11月上旬に山中湖紅葉まつりへ友人と見に行った時の感想とおすすめの理由、混雑状況、周辺の食事やお土産や見所をまとめてみました。

スポンサーリンク

山中湖紅葉まつりを見に行った感想とおすすめの理由

山中湖紅葉まつりというイベントもある上に、夜になると紅葉がライトアップされるということに興味を持ったので、山中湖に紅葉目的でのドライブしに行きました。

山中湖紅葉会場に向かったところ、目の前には紅葉が物凄く広がっていました。

山中湖の全てに紅葉があるわけではなく、一部にだけ紅葉があるというのを事前調査で知っていたのですが、一部だけだとしても十分な程に紅葉がありました。

暗くなる途端に、紅葉がライトアップされ、夜空に輝く紅葉はまるで幻想的な風景なのだと感じました。

紅葉の色が赤色のため、今が夜の時間帯だとは思えないくらいに明るく感じました。

昼間の紅葉や夜の紅葉両方とも見れて満足しました。

ライトアップされた紅葉に囲まれて散策することができるという理由により、山中湖の紅葉をおすすめできます。

山中湖紅葉まつりの混雑状況は?

2017年11月6日の平日の月曜日に車で行きました。

混雑を考慮して、早めに出ることに。

中央自動車道という高速道路を経て山中湖インターに降りてから一般道で10分くらい、午後3時半頃に、山中湖紅葉まつり会場付近の駐車場に到着しました。

この時点では、駐車場が結構空いていた上に、会場でも全然混雑していませんでしたが、日が沈むにつれ、混雑してきて、午後6時過ぎにはそれなりに人が増えていました。

といっても、混雑しているとは感じないくらいの人の多さでした。
休日ではさらに混雑していたのではと思われます。

紅葉を鑑賞し終えた午後8時前に会場を出て車に乗った時点で渋滞にハマり込んでしまうようなことはありませんでした。
帰りの車道は空いていました。

紅葉スポットでの滞在時間は4時間で、昼の紅葉と夜の紅葉両方とも見ることができたので満足しました。

トイレは湖のため、無いのではないかと感じ、事前にトイレを済ませてから行ったものの、1箇所だけありました。

山中湖紅葉まつりの駐車場や入場料は?

駐車場は無料で、平日の3時半頃には空いていたので安心しました。

また、山中湖紅葉まつり会場への入場料も無料でした。

スポンサーリンク

山中湖紅葉まつりの屋台や食事ができる所は?

屋台や露店等、店は一切ありませんでした。

山中湖周辺では、山梨県の郷土料理であるほうとうをメインとする店がたくさんありました。
ほうとう以外の店はあまり無いという印象を受けました。

ほうとう以外のものを食べたい場合は、帰りの高速道路のサービスエリアもしくはパーキングエリアにある店を利用すると良いです。

山中湖のおすすめのお土産は?

おすすめのお土産は信玄餅です。

山中湖は山梨県に該当するため、山梨県に来たからには、信玄餅を買うのが良いです。

特に信玄餅アイスというものが最近人気になっているので、その場で購入し、食べることをおすすめします。

山中湖周辺の見所やおすすめスポットは?

山中湖周辺では西湖、河口湖、精進湖、本栖湖、忍野八海、富士山が見どころになります。

秋や冬の季節だと山中湖から富士山方面を見て、富士山の頂点に太陽が立つという、ダイヤモンド富士を見ることができる確率が高いです。

私達も、11月上旬の時点で午後3時過ぎにダイヤモンド富士を見ることができました。

そして、河口湖の方も紅葉が見頃になっていました。

また、今回は紅葉を見た足で帰りましたが、山中湖温泉紅富士の湯で冷えた身体を暖めて帰るのもありです。
こちらでも紅葉がライトアップされており、露天風呂で眺めを楽しむことができます。

その場合は、営業時間が21時、最終受付が20時30分までなので、少し早めに行動されるのをおすすめします。

スポンサーリンク

さいごに&関連記事リンク集

夕方から夜にかけてとても冷え込みますので、暖かい格好をしておでかけくださいね。

山中湖の紅葉とはしごすることもできる河口湖の紅葉。

朝イチで河口湖からもみじトンネルへ行ってきました。

河口湖へ紅葉を見に行った感想と、駐車場や混雑状況や周辺の食事やお土産や見所については、以下のリンクの記事からどうぞ。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

あわせて読まれている記事と広告

-レジャー
-,

Copyright© 好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア , 2018 All Rights Reserved.