日々の生活の中で気になった事や、実践してみた事を、 私なりの視点で分かりやすく書くことを心がけております。 あなたにとっての心地よい生活にお役に立てれば幸いです。

好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア

暮らしのこと

生チョコラッピング100均の袋プラスαしても簡単安く大量対応にも

投稿日:2018年1月26日 更新日:

生チョコなどバレンタインデー向けのお菓子をラッピングする時に、複数や大人数に渡したい時もありますよね。

とはいえ、ラッピングに時間や手間がかかるのは面倒なあなたへ。

セリアやダイソーで購入できる100均の袋にワックスペーパーやチョコカップなどをプラスすることで、1袋当たり1、2こでも見映えがよく、簡単に安くできる方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

生チョコラッピング100均の袋にクッキングペーパーをプラス

ラッピング袋は、セリアで購入。

袋の寸法は縦110mm×横73mm。
食品を直接入れることできるタイプです。

ラッピングコーナーにあった袋の中では小さい方で、15枚入って108円(税込)でした。

商品名は、ビニールBAG SS15P 糊付
OC-2903/ポイントハート。

黒いハートと赤いハートの二種類ありました。

ちなみに、ラッピングコストをさらに抑える方法として、透明の袋にする手もあります。

こちらはダイソーで見かけた透明袋二種類です。
袋の寸法は縦150cm×横90mm。
どちらも食品を直接入れることできるタイプです。

写真の真ん中にあるのは、底マチなし45枚入り ゴールドのビニールタイが同数付いて108円(税込)
左側が、40mmの底マチ付35枚入り シールとピンクとブルーのビニールタイが同数付いて108円(税込)です。

ただ、それだけでは寂しい感じがするから…
と、更にラッピング素材を購入すると高く付いたり時間がかかったりすることも。

ワンタッチで封ができるだけでも、時間がかからずにいいですよ。

このまま入れることもできますが、取り出しやすさと、持ち運びの時に支えがあったほうが良いと思い、袋の大きさより若干小さめにクッキングシートをカットして台紙にしました。

幅30cmのクッキングシートを四等分したという、大雑把な計測方法ですが(笑)

また、袋に模様が入っていることで、普段使いにも心置きなく使いやすい白いクッキングシートでも寂しい感じがせずに使うことができます。

そしてもう一つのメリットは、1つあたりの大きさにばらつきが出た際に、アラが見えにくい!

透明の袋ですと、なんとなく形を揃えて…としてしまうあまり、時間がかかったりしますので、このあたりでも時間短縮ができると思います。

生チョコを入れる時に、なるべく跡がつかないように竹串をお箸のようにして入れてみました。

生チョコの大きさは、2cm×2cm×厚みが1cm位。

一粒だけ入れて、袋の高さを半分にしてラッピングしてみました。
これだけでもなかなかの存在感があると思います。

また、ある程度高さがありますので、一袋あたりより多く入れることもできます。

生チョコ4粒と、後に登場する、チョコカップに入れた2粒入りのものです。

スポンサーリンク

生チョコラッピング100均の袋にチョコカップをプラス

袋の中にクッキングシートを敷くだけでも、持ち運びの際の扱いはだいぶ楽になりますが、更にしっかりと支えたい場合にはチョコカップの中に入れてみます。

セリアで購入したチョコカップです。
20枚入って108円(税込)でした。

カップの大きさは直径34mm×高さ15mm。
商品名は、チョコカップ 金・銀 丸型

シンプルな形なので、生チョコ以外にも活用できますね。

一粒入れてみました。

沢山ラッピングする時は、チョコカップに生チョコを入れるのを一気にしてから袋詰すると、より効率がよいと思います。

袋の高さを半分に折った状態です。

生チョコの周りがチョコカップに覆われるので、より安心感と高級感もあると思います。

生チョコラッピング100均の袋にパウンドケーキ型をプラス

チョコカップにひと粒ずつというのもありですが、ひと袋辺り複数詰めたい場合もありますよね。

更に大きめのカップに入れる手もありで、たまたま手元にプチケーキ向けのパウンドケーキ型があったので使ってみました。

ダイソーで購入したパウンドケーキ型です。
12枚入って108円(税込)でした。

カップの大きさは、楕円形の上が90mm×45mm、下が65mm×25mm、高さが25mm
商品名は、アルミパウンドケーキ型。

生地をそのまま入れてオーブンで直接焼けるタイプなので、洗い物が少なくなっていいですね。

2cm角の生チョコが3つ入りました。

袋には縦に入れましたが、丁度良いバランスで入りました。

同じ袋を使い、ラッピングペーパーだけのものと、チョコカップに入れたもの、パウンドケーキ型に入れた生チョコの比較です。

お好みのタイプがあれば幸いです。

スポンサーリンク

さいごに&関連記事リンク集

生チョコは見映えも味もよく、作りやすかったりしますので、少量のラッピング方法として参考になれば幸いです。

生チョコなど、プレゼント用のラップピングにつきましては、他にも記事を書いております。
下のリンクのまとめ記事より、気になる記事を見ることができます。

素敵な一日を。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

こちらの記事もあわせて読まれています

-暮らしのこと
-,

Copyright© 好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア , 2018 All Rights Reserved.