簡単レシピ

ダイソーの100均板チョコを購入!ミルクとブラック味の比較と準チョコレートとは?

2016年2月1日

ダイソーチョコレート

バレンタインの手作りグッズやラッピングなど、何かと使える100均。

ダイソーに108円のミルクとブラックの板チョコが売っていました。

びっくりしたのは1枚あたり120g。一般的な板チョコの2倍の重さです!

2つの味の比較と、チョコレートと準チョコレートと製菓用チョコレートの違い、こちらの板チョコがどのようなお菓子を作るのに向いているのか?についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ダイソーの100円板チョコレートミルクとブラック味の比較

まずはミルクチョコレート。
まろやかな味わいが口いっぱいに広がるとのこと。

ダイソーミルクチョコレート120g

120gは手に持つとズシッと来る重み。

原材料名は、砂糖、植物油脂、ココアパウダー、ホエイパウダー、全粉乳、カカオマス、乳化剤、香料。
(一部に乳成分、大豆を含む)

原産国はマレーシア、輸入者は(株)ドウシシャ。

カロリーなどの栄養成分表示は、100gあたり、エネルギー538kcal、たんぱく質7.0g、脂質32.9g、炭水化物57.3g、食塩相当量0.16gです。

ダイソーミルクチョコレート原材料

次はブラックチョコレート。
カカオの深い味わいが口いっぱいに広がるとのこと。

ダイソーブラックチョコレート

原材料名は、砂糖、ココアパウダー、植物油脂、ホエイパウダー、乳化剤、香料。
(一部に乳成分、大豆を含む)

原産国はマレーシア、輸入者は(株)ドウシシャ。

カロリーなどの栄養成分表示は、100gあたり、エネルギー528kcal、たんぱく質7.1g、脂質32.3g、炭水化物57.3g、食塩相当量0.16gです。

ダイソーブラックチョコレート

色の感じを比べてみました。

ダイソーミルクチョコレートとダークチョコレート色の比較

ブラックがかなり黒々としています。

味は、ミルクチョコレートは若干甘めで、カカオよりミルク感が強いまろやかな風味。
ダークチョコレートは甘みが控えめで、カカオが強めのしっかりとした風味でした。

ミルクチョコレート、ダークチョコレート共に口溶けが固めなので、そのまま食べるのには個人的には微妙でしたが、口に残る変な甘みはどちらもなかったです。

また、夫と中2の息子にダイソーのミルクチョコレートとブラックチョコレートの味を比較してもらったら、

2つの違いはそんなにわからない。

そんなに甘すぎずいいんじゃない?

俺はどっちもうまいと思う。

息子は「チョコはミルクが一番!」「黒いのは苦そう…」と黒っぽい色のチョコ(ブラック)には見向きもせず、ミルクチョコレートだけ食べての感想ですが、

おいしい!

息子

また、共にチョコレートの溶かし方が記載されている辺り、そのまま食べるよりは生クリームなどを足して製菓用としてがコスパがよりよい感じがしました。

ちなみに120g108円のダイソーの板チョコレートは以前からあり、執筆当時(2016年2月)は、現在のブラックチョコレートは「ダークチョコレート」の商品名でした。

ダイソー板チョコミルク味ダーク味

ちなみにこちらのチョコレート、かなり人気があるようで、祝日明けの2月12日にダイソーに出向いたらまさかのsoldout!

ドウシシャの1枚100g入の板チョコレートをスーパーオザムで見つけました。

比較レポはドウシシャのチョコレート1枚100gで73円!ダイソー120gチョコとの違いは?よりどうぞ。

 

そして、パッケージに書かれて気になった、「準チョコレート」
板チョコではあまり見ない気が?
何が違うのでしょう?

スポンサーリンク

チョコレートと準チョコレートと製菓用チョコレートの違いは?

「チョコレート」とはカカオ分が35%以上、あるいはカカオ分21%以上でカカオ分と乳固形分の合計が35%以上のチョコレート生地を全重量の60%以上使用したもののことです。

「準チョコレート」とはカカオ分が15%以上、あるいはカカオ分7%以上かつ乳固形分12.5%以上の準チョコレート生地を全重量の60%以上使用したもののことです。

出典:チョコレートと準チョコレートの違いはなんですか?江崎グリコ

江崎グリコのなぜ?なに?コーナーに更に詳しく書かれております。

また、製菓用チョコレートや、クーベルチュール・チョコレートは、チョコレートの中でも、カカオ分とココアバターの含有量が多く、

市販の板チョコレートは、

・砂糖の配合量が多く、カカオ分が少なめ。
・ココアバター分がココアバター代用脂(植物油脂)に置き換えられている。

という特徴があります。

ただ、準チョコレートが良くないものかといえば、一概には言えず、様々なチョコレート菓子が年間を通して常温でも溶けにくく食べる事が出来る工夫として、28℃以上になると溶けはじめるココアバターより低い温度で溶ける油脂や様々な素材を添加している場合もあります。

スポンサーリンク

ダイソーの板チョコを手作りチョコに使うのは?

ガトーショコラやブラウニーなど、分量的にチョコレートも多く使うものの、その他の材料の割合も多いものでしたら、こちらのダイソーの板チョコでもいいと思います。

ガトーショコラ簡単レシピ

写真のガトーショコラは、ダイソーのミルクチョコレート100gを使い、作ってみました。
作り方は以下のリンクからどうぞ。
ガトーショコラの作り方生クリームなし全卵で簡単に!濃厚で甘さ控えめ

ただし、生チョコやトリュフは、カカオバターの量が少ないと固まりにくく、作る際に生クリームを入れることも多いですので、チョコレートよりカカオバターが少ない準チョコレートですと固まりにくいことがあります。

そして、生チョコやトリュフは、チョコの風味や口溶けをそのまま楽しむものですので、製菓用やクーベルチュール・チョコレートと書かれている、カカオ分とカカオバターの含有量が多いチョコレートを使うのがおすすめです。

富澤商店は日本全国に81店舗の直営店があるので、実際手にとって見ることができ、オンラインショップも昼12:00までにご注文いただいた場合は当日中の出荷と、お手元に届くのが早いのでおすすめです。
※店舗数、当日発送の時間は2020年2月現在。

【TOMIZ(富澤商店)】プロから初心者までお菓子・パン作りが楽しめます

さいごに&関連記事リンク集

この値段とボリュームに惹かれて購入してみましたが、用途を分けて使うのには良いかと思います。

ダイソーのホワイトチョコレートと、IKEAのチョコレートの食レポ。

100均ダイソーとセリアの商品を使ったバレンタインチョコレシピやラッピングなどの記事を書いております。
下のリンクより各記事を読むことが出来ます。

手作りチョコ菓子の簡単レシピと賞味期限100均ラッピングまとめ

素敵な一日を(^^)
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

あわせて読まれている記事と広告

-簡単レシピ
-,

© 2020 好きなことに囲まれてスッキリ暮らすアイディア